バリ島旅行日記

バリ島旅行日記

私が転職するのを機に、少し休暇を取れることになったので、
母と海外旅行に行くことにしました。
行き先はバリ島。
なぜかというと、新婚旅行でバリ島に行った友人が
大変おすすめしてしてくれたからです。
友人はガイドブックまで貸してくれました。

 

私たちはもちろん新婚旅行ではなく貧乏旅行なので、
某有名旅行会社の格安パックツアーでの参加。
バリ島のデンパサール直行便ではなく、
ジャカルタで1回乗り換え、
現地到着は夜遅く、しかも帰りの便は午前中発という
決して良いツアーではなかったけれど、
母にとっては初めての東南アジア。
存分に楽しめたようです。

 

最初の日は宿に着いて寝るだけで終了。

 

翌日からは観光へと繰り出しました。
まず、宿のすぐ近くに海があったので
歩いて行って少しだけ海岸を散歩しました。
それから大通りへ出てウィンドウショッピングへ。
驚いたのは、日本語で話しかけてくる人がけっこう多いこと。
とは言っても、あいさつ程度だけれども。
アイスクリームを食べながら歩く私に、「おいしい?」と聞いてきたり。
呼び込みではなくて、ただのコニュニケーションで話しかけてきてくれるのは
なんだか嬉しかったです。

 

そしてちょっとおしゃれなカフェでブランチを済ませ、
午後はガイドさんが迎えに来てくれて、
予め組み込まれているツアーへ出発。
ガイドさんは現地の方でしたが、とっても日本語が上手でした。
日本には行ったことがなく、独学で習得したと言っていました。
日本人も、いつまでも英語ができないとか言っていないで、
見習わないといけないなぁと感じました。

 

さて、最初に到着したのはゾウ園。
かわいらしい小さな子供のゾウも、大きな大人のゾウもたくさんいました。
ゾウの曲芸を見て、ゾウがとても頭がいいことに驚きました。
それからゾウの背中に乗って園内を散歩。
のっしのっしと、心地よい揺れを楽しみました。
それから、ゾウ園の中にある素敵なレストランで
フルコースディナーを堪能し、最後にはバリコーヒーを頂きました。
母も私も初めてのバリコーヒーで、コーヒーの粉が
カップの底に溜まるのを知らず、びっくりしてしまいました。

 

翌日も観光と、ケチャダンスを鑑賞しました。
独特のリズムと歌、そして沈む夕日をバックに
バリ島にいるんだなぁと改めて実感。
素敵な一日を過ごしました。

 

そして3日目は、母が一番楽しみにしていたラフティング体験です。
穏やかな川をボートで下るだけ、と想像していましたが、
けっこうな急流に、陽気なガイドさんと他の国々からのお客さんのおかげで
とても楽しいアクティビティーとなりました。
これだけのために、またバリ島に行っても良いと思えるくらいです。

 

こんな感じで、あっという間に楽しい時間は過ぎ、帰国となりました。
今回は母との旅でしたが、私もいつか贅沢新婚旅行で
今度はヴィラに泊まりたいな〜!"


>>バリ島旅行に便利なキャッシュパスポート<<
お買い物にATMで現地通貨で引出し、クレジットカードではないので使いすぎもなし!
年会費無料!入会金無料!

バリ島旅行日記関連ページ

初海外!いろいろあったバリ島旅行
今から14年ほど前、大学時代友人たちとバリ島へ旅行へ行きました。たしか3泊4日でした。初めての海外で緊張しましたが、友人のお姉さんが某旅行会社の方で手続きをきちんとやっていてくれたことと、日本語を話せるガイドさんがつくというので安心して観光することができました。
バリ島に行ってきました
常夏の南国の島バリ島に行ってきました。旅行会社を通してチケットを買い、ホテルを選びました。久しぶりということもあり、ニッコーバリという比較的良いホテルを選びました。
海とエステとバリ料理
友人の絶対したいことはバリエステ、私のしたいことはダイビングなどのマリンスポーツです。ツアー会社の現地スタッフにオプションで、エステ、マリンスポーツの手配をお願いしました。マリンスポーツは、ダイビングとパラセイリングをお願いしました。